避妊に用いられるお薬を一般的に「避妊薬(ピル)」と呼ばれています。正しく服用することで、非常に高い避妊効果が得られる一方で副作用のリスクもあります。当サイトでは避妊薬の副作用についてご紹介しております。

避妊薬(ピル)と副作用について考える女性の写真

避妊とジェネリックの鎮痛剤について

生理痛の痛みを和らげるために・避妊するためにとピルなど避妊薬を飲む女性もいます。ピルは女性ホルモンの量や体内比率を変化させることで効果がある薬なのですが、身体の機能調節の役割を持っている女性ホルモンが変化するとどうしてもある程度の副作用は避けられないでしょう。特に喫煙者がピルを服用する場合、副作用も増加しやすい傾向があります。

何らかの痛みが出てきた場合に鎮痛剤とピルを服用しても問題はありません。どちらも飲むとなると費用面で心配という方はジェネリックの薬を使用しても大丈夫です。ただ、鎮痛剤以外で併用することでピルの避妊効果を落とす薬は存在します。何らかの薬を摂取するという場合は念のため医師に相談しておいた方がよいでしょう。

避妊のための道具として男性側はコンドームが有名ですが、女性の側でもピル以外にも精子が子宮内に着床しないようにする道具として避妊リングというのもあります。昔はリング状だったためこの名前ですが、今あるものは一般的にT字型になっています。

自分で装着・除去することができないため病院でしてもらう必要がありますが、一度装着すると数年間効果が持続し、ピルのように毎日服用するような面倒さもなく、高い避妊率を誇ります。
ただ、装着時に痛みを伴う場合もありますし、場合によってはその痛みが続く場合もあります。装着したことで鋭い下腹部の痛みや不正出血が起こったという例もあります。傷みの感じ方は人それぞれです。市販の鎮痛剤を使っても問題ないので装着した日は服用してもよいでしょう。ただその後も痛みが続くというばあいや違和感や異常が感じられるのであれば早めに医師に受診しましょう。
市販薬もうまく使いながら自分の体に合った方法で避妊をするようにしましょう。