避妊に用いられるお薬を一般的に「避妊薬(ピル)」と呼ばれています。正しく服用することで、非常に高い避妊効果が得られる一方で副作用のリスクもあります。当サイトでは避妊薬の副作用についてご紹介しております。

避妊薬(ピル)と副作用について考える女性の写真

女性の避妊方法についての知恵袋

健康な男性と女性が性交渉をすることで、妊娠をしてしまう可能性があります。これが結婚をしていたりする人たちの間ではいいのですが、そうでないと後で大変なことになってしまいます。そういった事態にならないように、妊娠をしないように避妊をする必要があります。
日本の社会では、一般的に男性主導のコンドームの着用というのが知られているのですが、男性が理解のない場合や望まない性交渉などになってしまうと自分の身を守ることができません。自分で女性が主体的に避妊に取り組める方法としては、ピルの服用などが確実でいいといえましょう。
低用量ピルというのは、ホルモンのバランスを整えて排卵を抑制する働きがあります。毎日ホルモン剤の入っている錠剤を服用することで、女性の生理周期を28日間にして、体内に精子が入ってきたとしても卵子と出会うことがないので、妊娠をしないという仕組みになるのです。
低用量ピルというのは、産婦人科で処方してもらうのが普通ですが、今は個人輸入に限って入手することもできるようになっているのです。産婦人科で処方してもらうよりもかなり安く手に入れることができるので、それなりにメリットがあるといえましょう。
日頃から女性が自分の身を守るためには成功率の高い方法であり、相手に知られることもなく調整をしていくこともできるので、有効な方法と言えましょう。
ただ、ピルの服用に関しては正しい飲み方をする必要があります。毎日しっかりと飲むことが大切であり、服用の時間が48時間以上空いてしまうと効果がなくなるので、毎日同じ時間に服用するように習慣づけたほうがいいといえましょう。
こういった知恵袋を知っておくことで、女性も避妊を主体的にできるようになるのです。